スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第2戦~連れスロでの選択肢~

はじめに、今日は友人が中古車を見に行くというので一緒について行った。

そのため、昼からの連れスロであった。

こと連れスロで打つには選択肢がある。

①2人とも自由に打ち収支も各個人で責任を負うパターン。

②2人でノリ打ちし収支も二人で分けるパターン。

③2人に主従関係が存在し収支は親元が渡すパターン。

今回はこの中で③を選らんだというお話。(自分が親元)



さて、稼動である。しかし回収期の週末であって、もともと期待はしていない。

イベントとしては大手のマルハンの祭とひまわりのひまわりデーぐらいか

マルハンに足を運ぶも正直言って、中間設定(設定4)メインなのが明白。

残念ながら打たずして退店。次に地元のスロ専門店に足を運ぶも高設定台はきっちり全台稼働中であった。

朝一から行ったわけではないのでこれは仕方が無い。打たずに退店。

最後にひまわりに行くと、若干ではあるが高設定の可能性のあるアイムジャグラーを発見。

2800G B9のR11

友人に金を渡して打たす。

なぜだか今日は打つ気になれなかったことと、友人に軍資金が無かったことが起因。

友人は投資3kでBIG。その後も順調にBIGボーナスを引いてくれて1200枚のコインを獲得してくれた。

止めた時点できっちりREGが300分の1の数値を超えてくれて安心して止められた。

友達に1万円あげて本日は終了。

1時間のみの稼動であった。

当然ですが明日・明後日は打ちに行く気はまったくありません。

朝から行かない場合、店にひっそりと空いている高設定台をしっかり見つけられるか。

これは低設定のまぐれ吹きの場合もあるし、普通に高設定の場合もある。(特に試行G数が浅ければ浅いほど判断に迷う。)

観察眼と判断力が大事である。これが勝つ上で最大の鍵を握る。

観察眼とは台を見つけることだけではなく、その日の店の出す気度を観察することも重要。

これが打つか打たないかの判断につながる。

それから連れスロの場合。

①に関しては書く必要がないだろう。

②・③に関しては本当に悩むことが多い。

人によって打つタイプが違う。

大きく分ければ「積極型」と「消極型」に分けられる。

可能性が薄いがまだあり得る場合に打つか打たないか。続行するか止めるか。

このタイプが違う人間どうしの連れスロは互いに気を使うことが多いだろう。

自分は消極型である。友人は積極型である。

この場合②のパターンは、取らない方が良い。

意見が合わないとどうしても判断力が鈍る。それは頭脳ゲームにおいて負けを意味するのである。

今回のケースは最終的に止めた時点で3600GでB14R12であった。

この場合、合成は138分の1で人によっては続行もあり得るだろう。

だが、冷静に考えて合成もREG確率も設定5・6に届かない。だから止めさせたのである。

1200枚であろうとも勝ちは勝ちなのである。(もっとも積極型の友人は当然続行したかったみたいだが)

これが②のパターンなら、友人は確実に続行し、自分は止めて欲しいと思い、負けたかもしれないし、回収額が減ったかもしれない。もちろんその逆も十分にあり得る。

5号機においてハイリスクを背負う必要は無いと自分は考える。

なぜなら確実に4号機よりローリターンなのだから。ならば、ローリスクが当然と考えるのである。

ちなみになぜジャグかというと、ジャグ以外に高設定台が空いていなかったから。ただそれだけです。

本日の勝利ポイント

・打てる台を探すために何軒も店を巡ったこと。

・友人のヒキが強かったことと、己が打たなかったこと(最も不確定な要素にして最大の勝因w)

本日の総投資  3k

本日の回収額  24k

友達に渡した金額 10k

本日の総収支 1万1千円   時給1万1千円。


にほんブログ村 スロットブログへ
クリックよろしくお願いします。


了。




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://foowk.blog53.fc2.com/tb.php/3-ffa0212d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。